あなたのイメージを形にするエンジニアリング・クリエーター

技術紹介 【カメラモジュール検査ソフト】

      RAWデータによる画像解析ソフト

  ディスクトップ パソコンを使用する検査システムです。大量の画像データを高速で処理するために
   ディスクトップ パソコンを使用しました。カメラモジュールとの通信は1394 を使用しています。
■ 携帯電話用カメラモジュールの製品検査用ソフトです。

■ カメラモジュールを実動作させて電気的な不具合はもちろん、撮影画像を処理することに より
   モジュールの組み付け不良や、キズ、ゴミの混入等を検出します。


■ 画像解析機能の搭載により生産時の検査だけでなく開発や故障解析にも利用 されています。

■ 検査結果はCSV形式でファイル出力されますので、データベース化やトレーサビリティも考慮
   された設計です。

■ RS232を使用したバーコードリーダーやテプラとの連携機能をもっておりますので作業の簡素化
   による人件費の 削減になります。


 使用ソフト  C++ ビルダー Ver6
 HARDWARE  パソコン  : 市販の汎用品
 カメラモジュールI/O :  発注先メーカの特注品
 動作OS  Windows2000, XP

□ IEEE1394によるカメラモジュールとの通信により、シャッタースピードや感度、フォー カス
  制御を行います。 データのダウンロードも1394によりおこなっています。 

□ 画像撮影 → RAWファイル → R/G/B分離 → 各種検査

□ 単独のキズはもちろん連続するキズなどあらゆるパターンを検出。 R/G/Bにまたがる連続する
   キズも検出します


□ 独自アルゴリズムによるシミ/ゴミの検出
  →間値算出、傾き変動率算出、漸近曲線との比較等の処理によりあらゆるキズ、ゴミの検出を
    します。

□ 組み付け不良時のケラレやシェーディングも検出

□ プログラム言語は、C++を採用し高速演算処理と使いやすいGUIを実現しています。


Copyright (C) 2008 FUJITEC Corporation. All Rights Reserved.